LCCで沖縄に行こう!低価格が魅力な格安航空券を活用しよう!

- ANA系LCCが未来を写す




更新情報

ANA系LCCが未来を写す

沖縄の旅行には飛行機での移動は必須条件になります。

もちろん優雅な船旅と言う方法もありますが、日数や費用を考えると飛行機を利用する人が大半です。
沖縄にはいくつかの空港がありますが、民間機が県外から着陸できる空港は限られていて、しかも現在定期路線が就航しているのは沖縄本島であれば那覇空港になります。
全国どこの空港でも同じように、那覇空港もANAとJALがメイン航空として就航しています。
他のローカル路線や格安航空の便数とは比較にならないほど多くの乗客を毎日沖縄の地に運び、また沖縄から各空港に向けて出発しています。
ただ世の中は、リーズナブルな時代を謳歌したために低価格で就航している格安航空券のLCCに満足してきました。
当初は「飛行機のサービスとは……」と言う意見もたくさんあったようですが、今となるとローコストのお蔭でノーマルチケットの半額以下、最安値になると30%程度の金額で航空券が発行されています。
もはやサービス云々を声高に訴える人は少なくなりましたが、これは何年もかけて世間に広めたLCCの努力とシステムの浸透があったからだと思います。
ただ今も初めて利用される人のために、LCCとは何ぞやという告知は続けて行かなければいけないのかもしれません。
那覇空港にはいくつかのLCCが定期路線を持っていますが、特に注目するのはANA系のLCCです。
もともとローカル空港からハブ空港を繋ぐ役割がメインだった旅歩ドットコムですが、運航トラブルが減り観光の足としても期待されるようになったのは、このANA系の2社が成功したからかもしれません。

バニラは成田空港からピーチは関西空港から那覇空港に入ってきます。
どちらも国際空港で海外からの乗り入れがメインの空港です。
つまり国内線でありながら外国人をターゲットにできる国際的な格安航空会社として発展していく要素が高いのです。
しかも海外ではLCCに対する理解が深いため、日本人の利用者ほどのサービスへの期待感は少なく、ますます利用者は増えていくことになると思います。
いずれは両国際空港から沖縄の観光輸送はLCCが担う日も来るかもしれません。
そのためにも確実な経営と正確な運航が必須条件となっていきます。
経営はサービスを拡大しなければ達成できるでしょうし、正確な運航は多くの飛行機を保有できるようになれば互いに補完できて、アクシデントがあっても正確な運航ができるようになるはずです。
今後の航空業界を背負うかもしれないLCCは、那覇空港を起点として運航しているANA系の2社に注目せざるを得ない状況になってきたのです。


Copyright(C)2014LCCで沖縄に行こう!低価格が魅力な格安航空券を活用しよう!All Rights Reserved.